色々な情報を掲載しています

はやりにのりお

土竜の唄

土竜の唄665話の考察と664話までのネタバレと感想!

投稿日:


ということで土竜の唄の664話のネタバレをしていきましょう。

ちなみに663話までの話のまとめは、↓より読めますので、そちらもぜひ!

こちらからおさらい!
土竜の唄663話の考察と662話までのネタバレと感想!

ということで土竜の唄の662話のネタバレをしていきましょう。 ちなみに661話までの話のまとめは、↓より読めますので、そちらもぜひ! また、文章だけでなく絵も見たいという方にはU-NEXTに登録すれば ...

続きを見る

こちらからおさらい!
土竜の唄664話の考察と663話までのネタバレと感想!

ということで土竜の唄の662話のネタバレをしていきましょう。 ちなみに661話までの話のまとめは、↓より読めますので、そちらもぜひ! また、文章だけでなく絵も見たいという方にはU-NEXTに登録すれば ...

続きを見る

また、文章だけでなく絵も見たいという方にはU-NEXTに登録すればすぐに読むことができますよ。

 



土竜の唄663話までのあらすじは!?

日向子と轟周宝はデートを重ね、将来について語り合います。お互い幸せになろうよ、と。

その頃鬼頭は暗躍します。

副首相の夏瓦沈と密会し、港湾の公共事業を請け負う話の中で、「国民より好きな子がおるんよ」という意味深な発言。

デート後に鬼頭に呼び出された日向子は、一生に一度のお願いがあると鬼頭に土下座をされます。

これには、轟周宝の生命の危機がかかっていると告げられたのでした……。

 



土竜の唄664話のネタバレ!

愛する男のために

夏瓦代議士が日向子の大ファンであること、そしてゼネコンを牛耳る夏瓦との太いパイプができれば毛利会長との太いパイプが出来上がると考えた鬼頭。

愛する周宝少年のために、日向子は立ち上がります!

しかし、それは鬼頭の「罠」でした。

現れたのは夏瓦代議士と……

料亭「蒲公英」に通された日向子は、夏瓦代議士をひたすら待ち続けます。

そして現れた夏瓦は……一人だけ。

約束していたはずの夢子ちゃんがいないならば私は帰ると言い返します。

するとそこに現れたのは……夢子という名前のダッチワイフ。

彼女は騙され、夏瓦の愛人となるために無理やり連れ込まれたのです。

日向子は激昂するも、体格差のある大人とシャークスの頭では勝てる相手ではありませんでした。

あっさりと撃退された彼女は気を失ってしまいます。

日向子の危機!?

そのような中、一人単車を飛ばす周宝少年。

彼女の操は守られるのか、それとも……。

日向子に危機が迫っていることは明らかでした。

 



土竜の唄665話の考察と664話までの感想!

純情な周宝少年から魔王・轟周宝へ。

クレイジーパピヨンも生まれぬ前の中で、いよいよ魔王覚醒の時が近づいているようです。

日向子への純情が消え、そこから生まれる憎悪にドロドロになっていくのか轟周宝。

とうとう数寄矢会の毛利会長も出てきて、悪党感も増してきそうですね。

ただなあ、せっかく日向子がいい方向に進んできたのに、なんだか残念ですね。

 



土竜の唄を1話から読む方法

しばらくは最終回の心配をしなくてもよさそうな土竜の唄。これは第1話から読むと本当に面白い漫画です。

そんなあなたのためにあるのがU-NEXT。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらからどうぞ!

 

 



土竜の唄の最新665話の考察まとめ

その時が近づいてきているように感じます。なかなか引っ張るなあと感じた今回の回でした。

やっぱり、という展開ではあるもののこの結末は一体どこへと向かってしまうのか。

いかにして魔王轟周宝と呼ばれるようになったのか?

もしかして、それを読むとこれまでの「土竜の唄」をより面白くなるのでは?

ということで、また次の展開が読めなくなってきましたね!楽しみです!


-土竜の唄

Copyright© はやりにのりお , 2021 All Rights Reserved.