色々な情報を掲載しています

はやりにのりお

土竜の唄

土竜の唄の最新657話の考察に第656話のネタバレと感想

更新日:


物語のクライマックスに入ったと思いきや、ここでまさかの回想編となった土竜の唄。

編集部からいったいどれだけ引き延ばせと言われているのでしょうか。

そこで今回は土竜の唄の656話のネタバレと657話の考察を入れて語っていきましょう!

 



土竜の唄の656話のあらすじ

轟周宝少年は、鬼頭に連れられ「シャークス」というレディースを締めて来いと命令されます。

同席していた阿湖正義少年はたじろぎますが、周宝少年は腹をくくり一人乗り込んでいきます。

鬼頭から借りた銃を片手に。

 



土竜の唄の前回656話のネタバレ

いやいやいや、そんな少年にやらせるなんて……と思うなかれ。

というのも、これは我々が暮らしている世界とは大違い。

轟周宝がなぜそこまですごいのかをご紹介するものなんですからね。

シャークスは本当に強いのか?

女のあとを追って、シャークスのアジトに着いた鬼頭の車。

鬼頭の車が追って来た女は、言い寄ってきた男を公園の噴水に突き落としてきた帰りだったようです。

こうして聞いていますと、シャークスという女集団は強いレディースのチーム……。と思われがちです。

しかし、大きなバイクにまたがり自由気ままに生きているつもりですが、何がしたいのか分かっていない集団です。

エネルギーが消費しきってないので悶々としているように見えました。

つまりです。強いのは強いのでしょうが、どこか煮え切らない日々をバイクに乗りながら紛らわしているということなんでしょうか?

なんか男子も女子もそういうところって変わらないんでしょうかね。

乗り込む周宝。そして……。

当初はたじろいでいた正義も一緒に行こうとします。ただ、そういう人間は足手まといになってしまいます。

車から降り、一人で向かう周宝。

ズボンの後ろに銃を差し、集団へと近づいて行きました。

まずはリーダーを探します。貫禄のある女・澁澤日向子と名乗る女が周宝の前へ出てきました。

要件を言えと脅した日向子に対して表情一つ変えず、淡々としゃべる周宝。

「今からシャークスを支配しようと思います」

そういった周宝を女たちはみんなで笑い、早く帰らなきゃ海へ放り込むと脅しました。

鬼頭は車の中からじっと見ています。女に囲まれて笑われ続ける周宝。

次の瞬間、日向子の腹に一発パンチを喰らわせました。そして、カミソリフックを出します。

日向子は見事にカミソリフックを喰らい、倒れてしまいました。

倒れこむ日向子の元へ、メンバーたちが駆け寄ります。

周宝は攻撃に備えて立っていました。頬を押さえながら立ち上がった日向子。

その目はさっきとは違った目つきになっていました。

 



土竜の唄の前回656話の感想

そもそも魔王と呼ばれた周宝がここまでなぜ駆け上ることができたのか、明らかになってきませんでしたがやはりそれ相応の経験を積んでいるんですね。

そりゃあ麻薬取引だってやりたくもなるわ。

しかし、それとこれとは別。

そしてその過酷な中から生まれてきた轟周宝という武闘派ヤクザの組長。

どのように反撃されて、どうなってしまうのか。それとも男の意地を見せて勝ってしまうのか。

展開からは目が離せませんね!

 



土竜の唄を1話から読む方法

 

 

しばらくは最終回の心配をしなくてもよさそうな土竜の唄。これは第1話から読むと本当に面白い漫画です。

そんなあなたのためにあるのがU-NEXT。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらからどうぞ!

 

 



土竜の唄の最新657話の考察まとめ

レディース軍団マジ切れ展開の土竜の唄、周宝少年編。

周宝は一体どうなってしまうのでしょうか!?

まとめ
  • 657話は周宝一人でレディースへと特攻!
  • 一発かましたがレディースはブチギレ!?
  • 展開から目を離せない!

まとめますとこんな感じでしょうか。

しかし、とことん最後まで豪快かつ派手さで押し切るスタイル、嫌いじゃないっす。


-土竜の唄

Copyright© はやりにのりお , 2021 All Rights Reserved.