色々な情報を掲載しています

はやりにのりお

窪田正孝

窪田正孝の歴代ドラマ・映画出演作品から仮面ライダー出演の噂を検証

投稿日:


窪田正孝さんが、仮面ライダー出演って書いてあったので、本当かどうか調べてみました。

googleやTwitterなどでも、「窪田正孝 仮面ライダー」って出てくるのですごく気になっちゃいました。

なぜそんな噂がでたのか、もしかしたら本当に出演してたのか?

窪田正孝さんが、過去に出演していたドラマ・映画の作品を振り返りながら検証していきましょう。

 



窪田正孝の歴代出演作品から探る!

数多くの作品に出演している窪田正孝さん。主な歴代出演作品を紹介していきたいと思います。

 

「チェケラッチョ‼︎ in TOKYO」(2006年4月)

この深夜ドラマで、初主演で俳優デビューしています。

この頃は、オーディションを受けても落ちてばかりだったそうです。

「ケータイ捜査官7」(2008年4月)

再び主演に選ばれた作品です。このドラマは、放送が1年にも及ぶ隠れた人気ドラマとなり、窪田さんの初期を代表する1作とも言われています。

このドラマで、三池崇史監督と出会い、俳優としての転機だったと明かしています。

https://twitter.com/purin_dq_eito/status/1107864970975301632?s=21

「浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜」(2009年1月)

時代劇に初挑戦したドラマです。

「平清盛」(2012年6月)

このドラマで、NHK大河ドラマに初出演。

「花子とアン」(2014年3月)

2014年度上半期放送の、NHK連続テレビ小説ドラマ第90シリーズの作品。

このドラマの出演で、知名度が上がったと言っても過言ではないと思います。

「Nのために」(2014年10月)

湊かなえさんの、推理小説がドラマ化された作品になります。

このドラマでは、主人公の幼馴染役の成瀬慎司役を演じました。

窪田さんの演技で視聴者を、この作品の世界へグッと引き込んだと思います。

「アルジャーノンに花束を」(2015年4月)

主人公の同僚の、柳川隆一役を演じています。

心に傷を負っている、すごく複雑なキャラクターにも関わらず、「カメレオン俳優」と言われている窪田さんの演技力だかららこそ、演じれたんじゃないでしょうか。

https://twitter.com/asm_k_86_ryo21/status/1045270080467038208?s=21

「デスノート」(2015年7月)

漫画デスノートが原作で、ドラマ化された作品です。

ドラマ化にあたり、原作とは違うキャラクター設定で、オリジナルストーリーになっています。

このドラマで、主人公の夜神月役を演じ、その演技力が評価されて、第86回ザ テレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞を受賞しています。

「僕たちがやりました」(2017年7月)

こちらも漫画が原作となっていて、ドラマ化された作品です。

窪田さんは高校生の主人公、増渕トビオ役を演じているのですが、この時窪田さんはなんと29歳なんです。

制服姿が全然違和感なく、原作のイメージ通りに演じてくれました。

https://twitter.com/oogatakuya/status/907801649019678720?s=21

「アンナチュラル」(2018年1月)

2018年を代表する傑作と言われている、大ヒットドラマです。

日本に新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」が舞台になっている、1話完結の法医学ミステリードラマで、窪田さんは、久部六郎役を演じています。

このドラマで窪田さんを知った方も多いみたいですね。

「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」(2019年4月)

このドラマで、月9初主演。

主人公の、天才放射線技師・五十嵐唯織役を演じています。

ドラマの視聴率も良く、窪田さんの演技力をまた見せ、魅了されました。

https://twitter.com/ngtb4hdqxbdub8m/status/1140605233539629058?s=21

 

そんな窪田正孝さんが、仮面ライダーに出演していた!?という噂があります。

本当なのか、嘘なのか、調べてみました。

次のページへ >


-窪田正孝

Copyright© はやりにのりお , 2021 All Rights Reserved.