色々な情報を掲載しています

はやりにのりお

グラゼニ-パ・リーグ編-

グラゼニ~パ・リーグ編~の最新58話の考察と第57話のネタバレと感想

投稿日:


※タイトルのサムネは主演の落合福嗣さんです。

ネット社会って怖いですよね。

まあ、こうやって書いているのもインターネットというメディアを通しているわけですが。

昔ひろゆきさんが言っていましたよね。

「嘘は嘘であると見抜ける人でないと(掲示板を)使うのは難しい。」とね。

そういうわけで今日もさわやかにグラゼニのネタバレをしていきましょう!

※当サイトとグラゼニは働いている皆さんの味方ですが、ネットでの憂さ晴らしはほどほどに。

 

 



グラゼニ~パ・リーグ編~の57話までのあらすじ

アマガキ隊が無事に復活!?

どんな投手でもやはり波というのはあるもの。調子のいい時悪い時。

それでも投げなければいけないリリーフ投手たち。

ああ、リリーフ投手たちよ頑張るのだ。

そういう中で本木が頭一つ抜け出した感のあるアマガキ隊ですが、さてネットチンピラの八重洲専務たちに忍び寄る黒い影。

どうなるアマガキ隊!どうなる八重洲専務!?

↑ちなみにネットチンピラとはこのような方を指します。

 



グラゼニ~パ・リーグ編~の57話のネタバレ

大ヒットのあまガキ隊ぶんちん

ある日の選手寮で、布川、本木、薬丸はあまガキ隊ぶんちんを前にして語り合います。

布川は本木の方がイケメンに作られているので、ちょっと不満顔です。

本木は実物通りで満足しています。

薬丸はちょっと小柄でずんぐりむっくりなのが気に入らない様子。

「俺が一番三枚目顔じゃねーかよ」

とふてくされる薬丸に、布川、本木はその通りだからとはやします。

ところが選手として成績の方は薬丸の方が少し上です。

この文鎮は3600円もするのにバカ売れしてしまったのです。

3人はシーズン後のボーナスの査定もグッズの売り上げの貢献で期待します。

しかし、1人1人の単体のグッズの売上は売れていないのです。

3人は3人揃ってこそのあまガキ隊ブランドが成立し、自分たちは運命共同体であることを自覚します。

 

東京のアクション工芸本社では

社内では八重洲専務とあまガキ隊の対談が決まって、社員に一同戦々恐々としています。

もし八重洲専務が影で布川選手をバカにしていたと分かったら、アクション工芸の社運に関わる大事態です。

しかし、対談の企画は元請けのタナスズクリエイションの要請なので断れません。

社員たちは下請けの下請けと言う弱い立場を嘆きました。

一方、新幹線はゴールデンカップスの本拠地宮城県仙台へ向かっています。

乗っているのはタナスズの社長田中とアクション工芸社長と、あまガキ隊ぶんちん考案者の八重洲専務です。

裏アカの事情を知っているのは当然八重洲専務だけです。

自分が散々悪口書きまくった当人と対談するのだから、執行前の死刑囚さながらの表情をしています。

田中社長はその顔を見て、相当緊張しているなあと勘違いするのでした。

 

対談会場にて

対談相手の八重洲専務を待つあまガキ隊に球団の広報担当者が釘をさします。

今回3人と対談する会社の方は言わば下請けの下請けで、本来は表に出てくる立場の人じゃない。

だからこそ、しがらみのようなものが裏にはあったことを3人にも感じてとってほしい。

そして何よりも3人も支えてくれている人がいてこその今の立場であることを実感してほしいということ。

しかし、すっかりプロ選手としての自覚を持った彼らは既に立派なプロ野球選手でした。

 

あなたのおかげです

対談が開始しても八重洲専務の顔は緊張でガチガチです。

しかし、あまガキ隊は事情を知らないので、ぶんちんができた経緯に感銘を受けます。

八重洲がさらさらっと描いたスケッチを見た田中社長が反応し、ぶんちん作りに繋がりました。

【ぶんちん】というなつかしい響きも売上のアップを担っています。

その後再び凡田の登板の際に1イニングづつ登板し、なんと凡田はその後6連勝。8月が終わった時点で11勝になりました。

当然、あまガキ隊たち3人とも無失点でチームに大きく貢献しているのです。

そして、成績がアップするごとにグッズのコースターも紙からプラスチックを経て金属に。

そしてぶんちんへとグッズの成長と共にあまガキ隊も成長して、3人の団結力は高まりました。

「みなさんのおかげです」

あまガキ隊は田中社長や八重洲専務に深々と頭を下げます。そして凡田夏之介もすごく感謝してくれていると言いました。

 



グラゼニ~パ・リーグ編~57話の感想と58話の考察

ということで、57話でした。

八重洲専務 a.k.a. ネットチンピラと、立ち直ったアマガキ隊との邂逅。

炎上して会社が消えれば大変ですし、またTwitterアカウントがばれてしまえば大変なこととなります。

穏便に行きますように……。

↓個人的にはアオアシという漫画もお勧めです!

アオアシをU-NEXTのポイントでお得に見る

 



グラゼニシリーズを1話から読む方法

なにやら働いているわれわれに強い共感を呼び起こしてくれるグラゼニを第1話から読みたいと感じているそこのあなた。

そう、あなたです。

そんなあなたのためにあるのがU-NEXT。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらからどうぞ!

 

 

 



グラゼニ~パ・リーグ編~57話の考察とまとめ

とうとう八重洲専務とアマガキ隊が邂逅してしまいます!

やっぱりいざとなると小さくなるものですね。

恐らくペナントレース終盤になってきてどうなるかということも注目されてくるであろうグラゼニ。

次号はおそらくそういったところがピックアップされる気がしますね!

次号に続く!


-グラゼニ-パ・リーグ編-

Copyright© はやりにのりお , 2021 All Rights Reserved.