色々な情報を掲載しています

はやりにのりお

グラゼニ-パ・リーグ編-

グラゼニ~パ・リーグ編~の最新52話の考察と第51話のネタバレと感想

更新日:


アマがき隊壊滅の危機!?

と呼んでもよいかもしれないグラゼニ~パ・リーグ編~。よくよく考えてみれば主人公の夏之介ってリリーフ投手って設定でしたよね。

というわけで、今回は第52話の考察と、51話のネタバレと感想をご紹介します!

プロに入ってはじめての挫折。ここからどのように乗り越えるかも含めて、今回のグラゼニに注目してみましょう!

また、どうしてもグラゼニを漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

 



グラゼニ~パ・リーグ編~の51話のあらすじ

アマがき隊、まさかの崩壊!?

「スマホ断ち」をしていた薬丸がまさかのサヨナラホームランを被弾して敗戦投手に。

自分は「スマホ断ち」をしていたから大丈夫だったはずなのに、なんで!?

ショックを受ける薬丸をはじめとするアマがき隊、初めての挫折にどう立ち向かうのでしょうか?

 



グラゼニ~パ・リーグ編~の51話のネタバレ

リリーフ投手というのは酷な職業です。

打たれたらたたかれますし、先発投手と比較されてしばしばあまりにも過酷な職業です。

その中で初めて迎えた彼らはどうやってプロとして一流になっていくのでしょうか?

試合の敗因とは

夏之助はナイスピッチだった。アマがき隊も頑張っていると励ます夏之助。

開幕して一か月以上い軍にいた3人にうて初めて疲れが出てきているのではないか、と。

コーチの徳永もショックを隠せませんが、監督とも決めて引き続き起用していくことに。

薬丸は打たれ初めてリリーフ失敗したことに落ち込みます。

ロッカールームにて

薬丸は本当にケータイをやっていなかった。

「デジタル抜き」でやっていて絶対大丈夫なはずだと自信があった。

今日は3連投で3試合とも1点差、その影響で”自分でもわからない疲れ”があった、と言い聞かせ次は絶対こんなヘマはしないと誓います。

最近ではリリーフ投手でも3連投させないようにと気を配るチームも多いですからね。

薬丸は謝罪するが夏之介は「みんなは次の試合に心を向けているから気にするな、撃たれても堂々としていろ」と励まします。

やはりリリーフ経験者の言葉の重みは違いますね。

それから生意気を言った布川からも励まされて驚く薬丸。

ただ、布川はロッカールームにて見るやワナワナした様子。

飛行機内で…

埼玉へと移動する飛行機の中で、薬丸は布川に「ロッカーに帰ってくるなりスマホは控えたほうがいい」と諭します。

しかし布川は「そんなの誰だってそんなもんだろ」と反抗。

しかし、布川はそれに対して「自分たちのスレッドが匿名掲示板に立った」と返します。

スレッドには「悲報!メッキがはがれたアマがき隊!もうダメポ」という内容のスレが。

「まあさんざんな言われ方」をしていた布川。薬丸はそれを見ることを拒否します。ただ布川はそれを”異常な逃げ”と挑発し、逃げるな見ろよと言い返します。

そして見てしまった薬丸は……!

というところで今回は終わりでした。

 



グラゼニ~パ・リーグ編~51話の感想と52話の考察

いやー、薬丸が見ちゃった。

ピッチャーって基本的に自分が一番キャラが圧倒的に多いんですよね。

こういうの見せられるとプライドが傷つけられるといいますかマジ切れしてしまう人間だって多くいます。

たとえば、かつて巨人で1年目に8勝をあげた投手がいましたが、我が強いのと自分はもっとできると考えている反面、わがままが過ぎて最終的に活躍できずFAの人的保証として移籍してしまいます。

先日西武ドームですばらしい独り相撲をしていました。

薬丸がどうなってしまうのか、自滅か覚醒か!?

52話に注目です!

 



グラゼニシリーズを1話から読む方法

なにやら働いているわれわれに強い共感を呼び起こしてくれるグラゼニを第1話から読みたいと感じているそこのあなた。

そう、あなたです。

そんなあなたのためにあるのがU-NEXT。

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらからどうぞ!

 

 



グラゼニ~パ・リーグ編~52話の考察とまとめ

薬丸覚醒のとき!?となってしまう「グラゼニ」。

次回からも目が離せませんね。

まとめ
  • アマがき隊の未来はどっちだ!?
  • 薬丸ブチ切れ不可避
  • 覚醒か、それとも……。

まとめますとこんな感じでしょうか。

デジタルなものは使いすぎには注意ですね。


-グラゼニ-パ・リーグ編-

Copyright© はやりにのりお , 2021 All Rights Reserved.